感動と笑顔の留学。それがA1留学。

 >  >  > C21

C21


English Only Policyを実施している学校で、校内の会話は授業を含め24時間英語のみ!フィリピン留学中に短期間で英会話のスキルを身につけたい方におすすめの学校。

学校の特徴

  • 24時間完全英語漬け
  • 教育的環境に優れる好立地
  • 徹底した組織的なレベル管理
  • 教育アクティビティ授業の実施

C21は、フィリピンの首都であるメトロマニラの教育都市・ケソン市という好立地にある学校で、最大の特徴は、語学研修成功を目指すためEnglish Only Policyを提供しており、24時間英語で生活することのできる英語寮を運営しています。校舎内・授業以外にも、英語で話し意思疎通できる環境を徹底して作り、特に初・中級者にフィリピン留学中に最短期間で会話スキルを向上させるためのカリキュラムを実施しています。学校の近くには、スターバックス、マクドナルド、大型書店などを通じてフィリピン名門大学生と交流を持つことができます。また、映画館、大型ショッピングモールまで15分の距離に位置し、タクシー、電車などの交通手段もあり、交通の便に関しても最適な環境です。そして10分の距離に大型総合病院と薬局、歯医者などがありフィリピン留学中に体調不良を起こしてもすぐに処置ができるなど恵まれた立地なのもポイントです。


基本情報

学校名C21 LANGUAGE INSTITUTE
住所C21 #53 Xavierville Ave., Loyola Heights, Quezon City 1108 Philippines
学生定員180名 男女比率 約5:5
国籍比率日本:30%・韓国:60%・その他:10% ※目安です
ロケーションマニラ空港より車で40分
最寄大型ショッピングモールまで15分
設立年度1999年
授業時間1時限:50分
日本人スタッフ常駐
講師数52人
ネイティブ教師による授業なし
最短申込週1週
入学日毎週月曜日
※日曜日に学校周辺の案内をしますので土曜日に入寮をお願いします。
休日土曜日、日曜日、フィリピンの祝日、年末年始

設備

設備(キャンパス)TOEICルーム、視聴覚室、インターネットルーム、図書館
設備(部屋)机、椅子、ベッド、タンス、エアコン、扇風機、ケーブルテレビ、トイレ
温水シャワー機、冷蔵庫、TV、DVDデッキ
(特別寮のみ各部屋に浴室、冷蔵庫、ベッド、温水器、化粧台、TVあり)
部屋タイプ・英語寮(1)
・英語寮(2)
・特別寮
無線インターネット可能(部屋内可)

部屋タイプについて

英語寮(1)(アパート型)
24時間英語徹底,・2人部屋(1人部屋)
・1+2人部屋
英語寮(2)(ワンルーム型)
24時間英語徹底,・1+2人部屋
・1+3人部屋(教師1名+生徒2~3名)
特別寮
(最高の施設),・1人部屋
・2人部屋
・3人部屋
・家族(夫婦)部屋

地図



C21のカリキュラム

1日のスケジュール例
時間授業形態
朝食  
8:00~8:501限目
9:00~9:502限目
10:00~10:503限目
11:00~11:504限目
12:00~12:505限目
12:50~14:00昼食  
14:00~14:506限目
15:00~15:507限目
16:00~16:508限目
17:00~17:509限目
17:30~19:00夕食
20:30~22:30夜間授業(セミスパルタのみ)

カリキュラム構成

マンツーマングループ英作文※夜間授業
General ESLコース3時間3時間1時間2時間
Intensive ESLコース4時間2時間1時間2時間

※上記コースの夜間授業は、英語寮に入寮の方のみ必須となっており、
特別寮に入られる方はカリキュラムに含まれておりません。

カリキュラム

Man to Man教師と学生1人で行う授業で、学生の苦手分野を克服し、個人の能力と目標&目的にあった集中的授業を行います。C21英語学校は、MTM授業が4つ(会話 / 聞き取り / 読み / 書き )の科目がレベル別に分かれ、そしてレベル別に学生を担当する各専門教師がMTM授業を行います。
BSSCC21英語学校の独特な形式の授業で、初級レベルの学生達が英語式思考で考え英語を話せるように英語会話基本文章構成を集中的なトレーニングで英語構成に慣れる特別講義
PPE1つのパターンを利用して色々な文章を作り、自然に英語が出るように単語を向上させる講義
LCリスニング向上のための授業で、簡単な基礎リスニングからCNN、BBCニュースを利用したリスニングまで、様々なリスニング講義を提供(LC1~LC6)
Grammer英語会話の基本のための必要な会話文法から、読解と作文の実力まで学ぶことのできる文法授業
SE実生活に起こりうる様々な状況をつくり適応力を高くする授業。実践編として、銀行、映画館、ホテル、警察署、書店、カフェなど、公共の場所に直接行きます。
BEビジネスの状況で使われる単語・会話を中心に、実際のビジネス業務に対応できるようにする授業。外国人及び、海外関連業務を行う自信がつきます。
Job InterView就職・英語面接がある学生達のための特別講義で、職員・教師人が面接官となり英語インタビューを受ける本番のような状況を作ります。この授業を通じて自信をつけ、学生が本番でも成功できるように行うための授業。
Presentation月曜から木曜まで講義室で教師の指導のもと、話し方・ジェスチャー・パワーポイント・資料などを準備し、金曜日には教師人・職員・学生達の前で授業中に習った内容を発表をします。
Speach主題発表講義で瞬発力と知恵を向上させて、社会人と就職準備を行う学生達のための授業
Discussion/Debate主題討論講義でⅠ、Ⅱによって基礎討論からレベルの高い討論で分かれている授業
TOEIC Speakingスピーキング専門試験のTOEIC Speaking試験を備えた専門講義で、レベル別で4つの授業行っています。(INTRO/I/II/III)

C21の料金 

授業料(General ESLコース)+寮費+食費
1週2週3週4週8週12週16週20週24週
1人部屋$510$955$1,345$1,480$2,960$4,440$5,920$7,400$8,880
1+2人部屋$475$890$1,255$1,380$2,760$4,140$5,520$6,900$8,280
2人部屋$465$865$1,220$1,340$2,680$4,020$5,360$6,700$8,040
1+3人部屋$465$865$1,220$1,340$2,680$4,020$5,360$6,700$8,040
3人部屋$435$815$1,145$1,260$2,520$3,780$5,040$6,300$7,560
授業料(Intensive ESLコース)+寮費+食費
1週2週3週4週8週12週16週20週24週
1人部屋$540$1.005$1,420$1,560$3,120$4,680$6,240$7,800$9,360
1+2人部屋$505$950$1,330$1,460$2,920$4,380$5,840$7,300$8,760
2人部屋$490$915$1,290$1,420$2,840$4,260$5,680$7,100$8,520
1+3人部屋$490$915$1,290$1,420$2,840$4,260$5,680$7,100$8,520
3人部屋$465$865$1,220$1,340$2,680$4,020$5,360$6,700$8,040

※英語寮、特別寮、共に料金は同じとなっております。

※1+2人部屋は講師1名+生徒2名、1+3人部屋は講師1名+生徒3名の相部屋となります。
(このタイプは英語寮のみとなっております。)

その他の費用

留学前に日本でお支払いいただく費用
入学金$150初回登録時のみ必要な費用です。
海外送金手数料3,000円現地の学校に送金する際、必要になります。
空港ピックアップ費用$30片道分(空港→学校)
学校の職員が、空港お出迎えを担当しています。
航空券費用-各自で手配をお願いします。
海外旅行保険-各自で手配をお願いします。
滞在手配料無料弊社で負担いたします
現地学校でお支払いいただく費用
SSP発行費用6,000ペソSSP(Special Study Permit)は、フィリピンの学校で勉強する為の
許可証でビザとは別のものです。最大半年間有効です。
VISA延長費右記参照30日以内の滞在→0ペソ(日本国籍の方)
5-8weeks→3,530ペソ
9-12weeks→8,330ペソ
13-16weeks→11,160ペソ
17-20weeks→13,990ペソ
21-24weeks→16,820ペソ
ACR I-Card3,000ペソ外国人登録身分証明カード。59日以上滞在の方は必須になります。
最大1年間有効です。
寄宿舎保証金2,500ペソ研修終了後に何もなければ返却されます。
教材費約$10/4週間登校初日のレベルチェックテストで使用テキストと
その料金が決まります。
電気代・水道代約$10~$30/4週使用分です。
ID作成費用500ペソ学校で使用するIDカードの作成費です。
EOP保証金500ペソEOP(イングリッシュオンリーポリシー)未違反の場合
退寮時に返金されます。
その他の現地で必要な費用
出国税等・750ペソ
・1,050ペソ(マニラ経由便)
出国(帰国)時空港で必要な費用。
※チケット代に空港税が含まれている場合は、
マニラ経由でも750ペソになります。
お小遣い5千円位〜/月観光をたくさんする人と、まったくしない人で
大きく異なります。外食観光を控え5千円で
十分足りたという人もいれば毎月、旅行やダイビング、
ショッピングで5万円以上、使う人もいます。

mixiチェック

セブ地域以外
の学校は

フィリピン留学、セブ島留学 (セブ留学)
スタイルから選ぶ

フィリピン留学、セブ島留学 (セブ留学)
目的別に選ぶ

tabiho

フィリピン留学、セブ島留学 (セブ留学)
Pick Up Contents

  • 点数保証コースって?
  • 物価比較
  • スパルタ式って?
  • 出発前持ち物チェック!
フィリピン留学・セブ島留学 (セブ留学)体験談 フィリピン・セブ島留学 体験談 提携校スタッフブログ
  • BCEA
  • USPESL
  • USPESL
  • USPESL
  • 3D UNIVERSAL
  • USPESL
ご紹介キャンペーン実施中 NPO留学協会正会員 PhilippineAirlines Orico優遇ローン受付中

採用情報

セブ島のいま

  フィリピン留学なら、フィリピンの中でも最も治安が良く安全とされているセブ島留学 (セブ留学) をおすすめしています。
  リゾートエリアでは、美しい海を満喫。シティエリアでは、現地の若者たちのパワーを肌で感じることができます。
  また、現地大学卒生の英語レベルは大変高く、素晴らしい英語講師陣にも恵まれたまさに英語アイランド。
  フィリピン留学、特に、セブ島留学 (セブ留学) で、あなたの英語力を一気に向上させてください。


俺のセブ島留学 ブリリアントセブ