感動と笑顔の留学。それがA1留学。

 >  >  > LSLC

LSLC


教育都市バコロドにあるセント・ラサール大学の付属語学学校。大学との正規の契約がありLSLCの校舎も大学のキャンパス内にあり、フィリピン留学終了時に学生証、修了書が発行してもらえる。

学校の特徴

  • 現地大学付属学校
  • 大学の教授が授業を行う
  • 現地学生と交流ができる
  • 大学の授業やクラブ活動に参加できる

LSLCはフィリピンの教育都市、バコロドにあるセント・ラサール大学の付属語学学校です。大学との正規の契約があり、LSLC校の校舎も大学のキャンパス内にあり、フィリピン留学終了時に学生証、修了書が発行してもらえます。授業カリキュラムの中には、大学教授による授業が行われたりと、大学付属学校の強みを活かした授業を提供しています。他にも、大学の授業やクラブ活動に参加でき、現地学生との交流が盛んにできますので、授業以外にも現地の方と触れ合いたい方おすすめの学校です。


基本情報

学校名University of St. La Salle La Salle Language Center
住所University of St. La Salle Bacolod city, Philippines 6100
学生定員261名 男女比率 約5:5
国籍比率日本:5%・韓国:90%・その他:5% ※目安です
ロケーションバコロド空港より車で約30分
設立年度1997年
授業時間1時限:50分
日本人スタッフ常駐
講師数130人
ネイティブ教師による授業あり
最短申込週1週
入学日毎週月曜日
休日土曜日、日曜日、フィリピンの祝日、年末年始

設備

設備(キャンパス)カフェテリア、売店、自習室(24H)、PCルーム、
多目的ホール、ダイニングルーム、プール、グラウンド他大学施設
設備(寮)ベッド、かけ布団、エアコン、浴室、トイレ、ケーブルTV、
机、イス、クローゼット、電気スタンド
部屋タイプ・1人部屋
・2人部屋
・3人部屋
無線インターネット可能(部屋内可)

地図



LSLCのカリキュラム

1日のスケジュール例

授業時間授業内容
8:00~9:00朝食
9:00~9:501時限目 1:1 Speaking
10:00~10:502時限目 1:1 Reading
11:00~11:503時限目 グループクラス
12:00~13:00昼食
13:00~13:504時限目 グループクラス
14:00~14:505時限目 1:1 Listening
15:00~15:506時限目 1:1 Writing
16:00~16:507時限目 1:1 Grammar
17:00~17:50午後特別クラス ※選択授業
18:00~18:50夕食
19:00~19:50夜間特別クラス

※1コマ:50分授業です。
※最初の1カ月のグループ授業(1:4)は1:8で進行され、2カ月目以降に1:4の授業となります。
1:8のグループ授業は大学の講師及び教授が授業を行います。

コース

コース1:1グループ午後特別クラス夜間特別クラス
General English4コマ2コマ1コマ1コマ
Intensive English5コマ2コマ1コマ1コマ
カリキュラム
マンツーマン授業英語を初めて学習する初級者、基礎知識があるが応用がならない中級者、
ある程度の会話を駆使できる上級者に対しても、
レベルに応じた授業を構成することのできる講義です。
1:4授業レベルテストを通じて、同レベルの学生たちと一緒に
文法、書き取り、読み取り、TOEIC、TOEFL、
ビジネス等の様々な授業を進行します。
1:8授業ラ・サール大学の英文科教授または講師による講義で、
大学教授の多様な英語学習方式で、興味を誘い、
学習効果を得ることが可能です。
※1:8グループ授業の場合は、研修期間中最初の4週間のみ進行し、
以降の週は1:4のESL講師による授業が進行されます。
午後特別クラス・TOEIC:月〜木曜日までTOEIC試験対策のための集中授業を進行します。

・CNN:中上級レベル以上の学生たちが受講できる授業で、
月〜木曜日まで、CNNのニュースを通して、最新の出来事や、時事ニュースを読み取り、
または、多様な英語表現を学ぶことができます。
(受講レベルに満たない場合は受講できない場合がございます。)

・Business:中級レベル以上の学生が受講できる授業で、
月〜木曜日まで就業時に必要なインタビュー能力や、実務英語を学ぶことが可能です。
夜間特別クラス英会話を上達するための実践英会話の授業です。
レベル区分
レベル詳細
Beginner英語を初めて学習し、英会話に対して自信がないレベル。
実践英会話の基礎を的確に学習し、英語への自信を養う段階。
基本文型や文法、単語などを集中的に学習し、初歩的な英語表現を身に付ける。
High Beginner初級段階を脱し、講師と一緒に聞き取りやスピーキングを集中して学ぶレベルです。
普段の生活における簡単な実践英会話をこなす能力を養っていく段階です。
Intermediate日常生活において必要な生活英語を学習するレベルで、
TOPIC別のReadingを通じて、英語の思考力や表現を養う段階です。
High Intermediate学習の標準領域となる聞き取りやスピーキングに特化し、
反復練習を通じて、上級会話を身に着けていくレベルで、
提案、要求、論理的な英語を駆使していく段階。
おおよその英語を理解し、説明が可能な段階です。
Advance日常英会話を問題なくこなせる段階で、
中級会話の英文法を的確に使用できるレベルです。
High Advanceどのような環境においても自信を持って話せる段階で、
英会話に必要な上級英文法をこなすレベルです。
Nativeの話す内容も理解し、使用できる段階です。

LSLCの料金

料金には、授業料、寮費、食費(1日3食)が含まれます。

REGULARコース:1:1(4コマ)+グループ(2コマ)+選択オプション(2コマ)
1週2週3週4週8週12週16週20週
1人部屋75,000円100,000円138,000円175,000円350,000円520,000円690,000円860,000円
2人部屋63,000円88,000円125,000円156,000円313,000円464,000円615,000円766,000円
3人部屋56,000円81,000円116,000円148,000円295,000円438,000円580,000円723,000円
INTENSIVEコース:1:1(5コマ)+グループ(2コマ)+選択オプション(2コマ)
1週2週3週4週8週12週16週20週
1人部屋81,000円106,000円144,000円181,000円363,000円539,000円715,000円891,000円
2人部屋69,000円94,000円131,000円163,000円325,000円483,000円640,000円798,000円
3人部屋63,000円88,000円123,000円154,000円308,000円456,000円605,000円754,000円

※24週以上の渡航をご希望の方はお問い合わせください。

その他の費用

留学前に日本でお支払いいただく費用
入学金15,000円初回登録時のみ必要な費用です。
海外送金手数料3,000円現地の学校に送金する際、必要になります。
ピックアップ費3,000円学校の職員が空港お出迎えを担当しています。
航空券費用-各自で手配をお願いします。
海外旅行保険-各自で手配をお願いします。
滞在手配料無料弊社で負担いたします。
現地学校でお支払いいただく費用
SSP6,200ペソSSP(Special Study Permit)は、フィリピンの学校で
勉強する為の許可証でビザとは別のものです。
最大半年間有効です。
寮保証金2,500ペソ研修終了後に何もなければ返却されます。
ACR I-Card3,000ペソ外国人登録身分証明カード。
滞在期間が60日を超える場合必要になります。
教材費右記参照約750ペソ/4週
※使用教材により異なる
電気代右記参照約750ペソ/4週
※使用量により異なる
ビザ延長費右記参照30日以内の滞在→0ペソ(日本国籍の方)
5-8weeks→3,030ペソ
9-12weeks→7,330ペソ
13-16weeks→9,670ペソ
17-20weeks→11,990ペソ
21-24weeks→14,340ペソ
その他の現地で必要な費用
出国税等・750ペソ
・1,050ペソ(マニラ経由便)
出国(帰国)時空港で必要な費用。
※チケット代に空港税が含まれている場合は、
マニラ経由でも750ペソになります。
お小遣い5千円位〜/月観光をたくさんする人と、まったくしない人で
大きく異なります。外食観光を控え5千円で
十分足りたという人もいれば毎月、旅行やダイビング、
ショッピングで5万円以上、使う人もいます。
追加授業右記参照マンツーマン授業を1時間追加:料金 10,000円/4週

mixiチェック

セブ地域以外
の学校は

フィリピン留学、セブ島留学 (セブ留学)
スタイルから選ぶ

フィリピン留学、セブ島留学 (セブ留学)
目的別に選ぶ

tabiho

フィリピン留学、セブ島留学 (セブ留学)
Pick Up Contents

  • 点数保証コースって?
  • 物価比較
  • スパルタ式って?
  • 出発前持ち物チェック!
フィリピン留学・セブ島留学 (セブ留学)体験談 フィリピン・セブ島留学 体験談 提携校スタッフブログ
  • BCEA
  • USPESL
  • USPESL
  • USPESL
  • 3D UNIVERSAL
  • USPESL
ご紹介キャンペーン実施中 NPO留学協会正会員 PhilippineAirlines Orico優遇ローン受付中

採用情報

セブ島のいま

  フィリピン留学なら、フィリピンの中でも最も治安が良く安全とされているセブ島留学 (セブ留学) をおすすめしています。
  リゾートエリアでは、美しい海を満喫。シティエリアでは、現地の若者たちのパワーを肌で感じることができます。
  また、現地大学卒生の英語レベルは大変高く、素晴らしい英語講師陣にも恵まれたまさに英語アイランド。
  フィリピン留学、特に、セブ島留学 (セブ留学) で、あなたの英語力を一気に向上させてください。


俺のセブ島留学 ブリリアントセブ